検索
  • 竜太郎 山下

2020/12/29【竜太郎がゆくVol.1】

更新日:2021年4月26日


山下竜太郎さんのことをご存知の方も、 学生時代のことや、地域で何をしているのか、 など知らないことが多いのではないでしょうか

そんな皆さんに、まずは山下竜太郎さんを知ってもらおうと、 山下竜太郎新聞「竜太郎がゆく」を創刊しました

廿日市市宮園、四季が丘、陽光台の皆さんには、 順次ポスティングしていきます。 それ以外の地域の皆さんで新聞をご希望の方には山下竜太郎後援会にご入会いただきましたら郵送しますので、 ぜひホームページからお申し込みください https://www.yamashitaryutaro.com

閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無会派の会、山下竜太郎でございます。どうぞよろしくお願いします。 今日の一般質問をする前に、私の質問の意図を30秒ほどお話しします。 先ほど、危機管理部長が言われたように、災害の時には市だけでは手が足りない状況があると思います。地域の力、コミュニティの力があってこそ、災害を乗り越えていけます。そういう意味で、災害対策本部が設置される過程について、知っておかないと市民の皆さんが動きづらいのではないか

【令和3年9月定例会 山下さん一般質問全文】 【山下竜太郎】  おはようございます。  無会派の会、山下竜太郎でございます。よろしくお願いします。  初めに、今回の通告書に記載した用語について説明をさせていただきます。  今回、分かりやすいように「浸水」という言葉に置き換えていますが、一般的には道路の場合には「冠水」、住宅等が水につかる場合「浸水」と表現するということになっています。分か